】カタログギフト全品20%割引で販売。 法事の引き出物、返礼品等にオススメです。
法事の返礼品に最適なカタログギフトを特別価格で販売

当店サービスのご紹介

挨拶状・奉書無料 包装・熨斗が無料 即日配送承ります

カタログギフト コース一覧

総合カタログギフト

幅広い品ぞろえで贈りやすいカタログです。


グルメカタログギフト

日本全国の名産品が多く掲載されています。

法事について

  • 無料お見積もりサービス
  • 葬儀・法事のQ&A
  • 法事引き出物の目安
無料見積りサービス

法事のお返し、引き出物に商品を複数まとめ買いされる方には、無料でお見積もりいたします。お買い上げ金額が合計10万円以上の場合は、大口購入割引の対象となります。さらにお安くお買い上げいただくことができます。また、贈る相手のご住所へ直接配送も可能。送り先がたくさんあって大変、という方にはFAX注文がおすすめ。専用のFAX注文書に送り先の相手のお名前とご住所をご記入し、送信いただければ弊社で登録手続きをいたします。法事引き出物にとってもお得なお見積もり割引、是非ご利用下さい。

■香典返しをもらったときのお礼は?

香典返しや法事の引き出物を受け取ったときには礼状を出さないのがしきたりです。これは二度とあってほしくない不幸に対して礼を述べるのは失礼とされているからです。

■神式の法事はいつ行うの?

神道では死後、10日目ごとに霊祭を行い、50日目の「五十日祭」が忌明けとなります。死後100日目には100日祭、1年目の一年祭、3年目の三年祭、五年祭、十年祭と続き、五十年祭まで10年ごとに追悼儀式を行います。

■キリスト教は香典のお返しを贈る?

キリスト教では、もともと は香典や香典返しの習慣はありませんでしたが、仏式や神式の法事引き出物にならって「お花料」を頂いた人には、死後1ヶ月後の召天記念日や記念式に記念の品を贈ります。

■法事引き出物の相場は?

法事の引き出物は、頂いた金額の3〜5割相当の品物を贈ることが一般的です。香典の額には開きがあるので、香典の額に応じていくつかに分けて選ぶ場合もあれば、金額に関わらず一律の物を贈る場合もあります。

■二人の法要をあわせて行うときの供物料は別々に包む?

一周忌や三回忌は独立して行うのが一般的ですが、それ以降の法要が一年のうちに重なる場合は、あわせて行うこともあります。この場合の供物料は1人分でかまいませんが、少ないのでは、と気になるのであれば、少し大目の金額を包むとよいでしょう。

●墓参りの作法

墓参りの際にはお墓の掃除を行いましょう。寺院墓地の場合は、まず住職にあいさつをし、本堂に参堂してから最初に掃除を行います。手桶、ひしゃく、ほうきなどは、たいてい寺院や霊園の管理事務所で借りられますが、それ以外の掃除用具、たわし、タオルなどは持参します。
墓がきれいになったら、花や供物、線香を供えます。供物は故人が好んだ菓子や果物を供えます。線香は束のまま一度に火をつけて線香立てに供えますが、墓参りの人数に分けて、それぞれが線香を供えてお参りする方法もあります。
お参りの時には、まず墓石に水をまんべんなくかけます。これは仏ののどをうるおすとともに、清めのためといわれています。水をかけたら数珠に手をかけて合唱します。

●法事引き出物は頂いた香典の半額が目安

四十九日の法要などにはご参列頂いた方にお返しとして引き出物を渡すのが一般的です。金額としては半返し(頂いた香典の半額)が基本で、贈る品としてはお茶やお菓子、タオル、洗剤などが定番です。
また、最近では持ち帰るときに荷物にならず、もらい手がお好みのものを選べるカタログギフトも法事引き出物に人気です。
引き出物には黒白か銀色の結び切りの水引の掛け紙をし、表書きは「粗供養」「志」などとします。関西では「茶の子」の表書きも使われます。

●墓参りの作法

墓参りの際にはお墓の掃除を行いましょう。寺院墓地の場合は、まず住職にあいさつをし、本堂に参堂してから最初に掃除を行います。手桶、ひしゃく、ほうきなどは、たいてい寺院や霊園の管理事務所で借りられますが、それ以外の掃除用具、たわし、タオルなどは持参します。
墓がきれいになったら、花や供物、線香を供えます。供物は故人が好んだ菓子や果物を供えます。線香は束のまま一度に火をつけて線香立てに供えますが、墓参りの人数に分けて、それぞれが線香を供えてお参りする方法もあります。
お参りの時には、まず墓石に水をまんべんなくかけます。これは仏ののどをうるおすとともに、清めのためといわれています。水をかけたら数珠に手をかけて合唱します。


即日発送 送料について
メッセージカード ラッピング のし
お買い物について